EN/AS/JIS Q 9100

AIAG & VDA FMEA handbookの開発動向

本来の予定であれば既に発行されていてもおかしくは無いのですが、2018年5月時点でのVDA-QMCのサイトに公開されている情報によれば、発行は第三四半期(3Q)になるようで、当初の予定(2018年の2Q)からずれ込んでいるようです。

この新しいFMEA手法が適用されるのは2018年9月15日以降になることが以前は報告されていましたが、今後の顧客固有要求事項の動向には十分注意する必要があります。また、自組織が発行しているサプライヤー向けのマニュアル(技術仕様書)の見直し及び展開なども忘れてはならいでしょう。

この新しいFMEA手法の発行情報などについては、またここでお知らせ致します。