【邦訳版】IATF 16949:2016 Sanctioned Interpretations (SIs)

IATFのサイトで「IATF 16949:2016 Sanctioned Interpretations (SIs) #1-11」の邦訳が公開されています。以前は#9まででしたが、#10〜11も追加され発行されていることは既に多くの方々がご存知かと存じます。
http://www.iatfglobaloversight.org/iatf-169492016/iatf-169492016-sis/

このSIsのトップページには、このような記載があります。
「A Sanctioned Interpretation changes the interpretation of a rule or a requirement which itself then becomes the basis
for a nonconformity.」すなわち、本SIsの内容はIATF 16949:2016規格要求事項(更新)を意味しており、これらの内容をQMSに盛り込んで、該当するプロセスに展開し活動しなければ不適合の対象となるということです。

従いまして、SIの#1〜#9は2017年10月から有効であり、SIの#10〜#11は2018年4月から有効であることから、関係する組織各位はこれらへの対応が不可欠となります。次回、サーベランスの際に「不適合」と指摘されないようにしておきたいものです。

なお、IATF 16949:2016 Frequently Asked Questions (FAQs)についても下記のページに日本語で公開されていますので、是非参照になさって下さい。
http://www.iatfglobaloversight.org/iatf-169492016/iatf-169492016-faqs/